NEWS

ニュース

NEWS

  • TOP
  • ニュース
  • 【導入事例】井上誠耕園様がaimstarの導入・運用開始
【導入事例】井上誠耕園様がaimstarの導入・運用開始

スプリームシステム株式会社(東京都豊島区:代表取締役 佐久間卓哉)は、小豆島・瀬戸内の魅力を届ける農業法人 有限会社 井上誠耕園(香川県小豆郡:園主 井上 智博)がマーケティングDXツール「aimstar(エイムスター)」を導入・運用開始したことをお知らせいたします。
 
小豆島・瀬戸内の魅力を届ける井上誠耕園様がaimstarを活用してお客様の行動を深く知り、お客様に寄り添ったOne to Oneの販促を実現をいたします。

井上誠耕園様 課題

井上誠耕園は「自然と大地の恵みに感謝を込めて誠意を持って大地を耕す園でありたい。」という思いで香川県の小豆島からオリーブをはじめとする様々な柑橘を用いた食品、化粧品を販売しております。
 
5年後に売上高2倍を達成させることを見据えている中で、EC強化とお客様とのエンゲージメント強化を実現するために、精緻な媒体分析やお客様の行動を深く知るための分析、メールやLINEを活用してお客様に寄り添ったOne to One販促を実現するための自動化の仕組みが整理されていないことが課題でした。

aimstarでの課題解決

aimstarはお客様の行動をより深く知り、お客様ごとに最適なコミュニケーションを取り、マーケティングPDCAを高速に回すことで、お客様の購買意欲をさらに高めるために導入されました。
 
aimstar導入以前は、RFMと購入商品軸による簡単な分析の結果に基づいた施策、一斉配信のメルマガしか実現できていませんでしたが、aimstar導入後は、「媒体×サイト内行動×購入×問合せ」などお客様とのタッチポイントをもとに、「どの媒体から獲得した顧客がROIが高いのか?」「クロスセルしやすい商品の組合せは?」「LTVの高い顧客がどのような行動をとっているのか?」というような仮説検証分析を繰り返しながら、お客様の行動を深堀りし、カタログ、メール、LINEを活用して、カタログ配布先の最適化やお客様ごとに最適な商品やコンテンツをおすすめするシナリオを自動化させることが可能となりました。

井上誠耕園 明田様のコメント

aimstarを選んだ理由は、他社ツールに比べて比較的使いやすい操作でお客様一人一人の詳細まで分析で追うことができ、仮説、検証を繰り返すためのツールとして有効と判断しました。
今後期待することは導入後の操作説明サポートの充実です。

aimstarとは

「テクノロジー × プロフェッショナルで企業の潜在成長力を最大化する」をプロダクトパーパスに、企業における顧客のLTV最大化を実現するエンゲージメントデータプラットフォーム(EDP)です。
日本を代表する大手企業様をはじめ、様々なBtoC事業者様に対しての導入実績を有しております。

製品URL:https://aimstar.net

◆主な導入実績(累計70社以上)◆

TV通販:ジュピターショップチャンネル様、テレビショッピング研究所様など
EC:エニグモ様、集英社様、世田谷自然食品様、ヴェントゥーノ様など
その他:三菱地所様、TBSグロウディア様など

BtoCマーケティング
オートメーションなら

デモ利用リクエスト